痛みの治療・手技療法の専門家 むちうち症専門 / あさひ鍼灸整骨院(香芝市)/豊田整骨院(八尾市)/快信整骨院(堺市)

HOME お問い合わせ プライバシーポリシー  
診療案内
治療法の案内
症例
患者様の声
保険診療・料金
むち打ち症(交通事故にあわれた方)
交通事故にあってしまったら
むち打ちとは
むち打ち症治療について
むち打ち Q&A
インフォメーション
施術院案内
体のゆがみ度チェック
ブログ
求人案内
セミナー案内 豊田治療指導室
お知らせ
お問い合わせ
詳細はこちら

HOME > 症例

 
 
 
 
 
運動器疾患編  (治療例一部抜粋)
 
  左股関節痛 男子 10歳
 (バスケットボールをしていて負傷、明後日試合とのこと)
 豊田式スキャニング検査によると、左股関節関節窩にキズ、大腿四頭筋、
 恥骨筋、大腿筋膜脹筋が異常。左恥骨、右肩甲骨にキズ。右大胸筋異常。
1回目
 治療後、痛み消失。後日話を聞くと、試合に出てもまったく支障がなかったとのこと。
 
 
  左仙腸関節痛 男性 21歳
 (高校生の時、サッカーをしていて痛めたがその症状が今も続いている方)
 豊田式スキャニング検査をすると、左仙腸関節異常、C1、C2、L4、L5、仙骨にキズ、
 両股関節異常、左肩甲骨異常、左脊柱起立筋、左中殿筋、左腹直筋が異常。
 腰髄に細菌感染あり。
3回目
 治療後、全て正常。完治した。
 
 
  慢性腰痛(ギックリ腰) 男性 48歳 会社員
 (何回も痛めて癖になっている方)
 豊田式スキャニング検査の結果、左仙腸関節弛緩、両股関節弛緩、左股関節に細菌感染
 あり。L3,L5、仙骨にキズ、レントゲンに写らない程の骨折があった。
1回目の
 治療後、少し痛みが残ったが、次の日に全て消失し、仕事に全く支障がなかったのこと。
 
 
  右変形性膝関節症 女性 70歳 主婦
 (かなりたっていて、整形外科でやせないと痛みがとれないと言われた方です)
症状:かなりの痛みで歩行がまともにできない。
 豊田式スキャニング検査によると右膝関節弛緩、関節包内細菌感染あり。大腿骨、脛骨、
 腓骨にキ ズがあり、腰髄に感染あり。
 L3に捻れの歪み、右仙腸関節異常、C3に骨のキズ、左膝関節、右橈尺関節に捻れの
 歪みがあった。右大腿四頭筋、右前脛骨筋、右膝窩筋、右内転筋郡が異常。
1回目
 治療後、立位でのうずく痛みがなくなった。
4回目
 治療後、歩行時の痛みが全く消失。
 (体重は変わりなし、痛みとはあまり関係のないことが多い。)
 
 
  ほぼ毎日寝違えになる女性 47歳 介護士
 (来院時、左右にはやや動かせるが前後には全く動かせない)
 豊田式スキャニング検査の結果によると、後頭骨、C1〜C5にキズがあり、
 D1〜D6までやや右に側弯がある。頚髄に細菌感染がある。右鎖骨が上方変位し、
 仙骨がCCWに変位している。両肩甲挙筋、両僧帽筋異常。脳脊髄液の流れが
 あまりよくない。
1回目
 治療後、ほとんど痛みが消失。次の日には、全てなくなっていた。その後、寝違えに
 なっていないとのこと。
 
 
  右坐骨神経痛 女性 45歳 主婦
 豊田式スキャニング検査をしたところ、骨のキズがL4、L5、仙骨、右腸骨にあり、細菌感染が
 腰髄、右坐骨神経、右中殿筋、大腰筋にありました。
 股関節に捻れの歪みもありました。
 これも4回の治療後、検査すると、全て正常反応になり、それと同時に症状も消失しました。
 
 
  左膝関節部内側痛 女性 60歳 主婦
豊田式スキャニング検査(T-Sテスト)にて
 左大腿骨、左脛骨にキズ、内側半月板にキズ、左膝関節と左足関節の弛緩
 L3、S3の捻れ、C3にキズ、右肘関節に捻れを検出。
治療 一点操法
 1回目 歩行痛が消失、屈伸時に痛みが残る。
 2回目 屈伸時痛が消失、全て正常となり完治とする。
 
 
  右第3指の弾発指 女性 37歳 販売員
豊田式スキャニング検査(T-Sテスト)にて
 右第3中手骨にキズ、手根骨にもキズ、右橈尺関節の捻れ
 右足第3中足骨に捻れ、C3、C5にキズ、頚髄に弛緩を検出。
治療 一点操法
 計3回で完治。
 
 
  10年来の腰痛 女性 49歳 コンビニ経営
豊田式スキャニング検査(T-Sテスト)にて
 L3、L5、C1、C2、C3にキズと変位
 頚髄に萎縮と細菌感染、腰髄に弛緩と細菌感染、仙骨にX線に写らないレベルの骨折が
 3ヶ所検出された。
 1回目の治療で痛みが全て消失。しかし、仙骨にまだ異常が残っていた為、
 2回目の治療の約束をする。
 2回目の治療後、全て正常になり、10年来の腰痛が2回で完治した。
 
 
  左足関節捻挫 男子 17歳 野球部
豊田式スキャニング検査(T-Sテスト)にて
 左距骨にキズ、足根骨全体の歪み、左腓骨の後方変位、S1,S2の左方変位
 足関節の弛緩、下腿骨間膜の弛緩を検出。
治療 一点操法
 治療直後、歩行痛が全て消失、腫れが少し残る。
 2回目の治療後、本人いわく「まったく問題なし」と言っていたが
 まだ、足関節の弛緩が少し気になったので、次回の治療の約束をする。
 3回目全て正常になり完治とする。
 
 
 
 
 
 
 
▲ページトップへ
診療案内 むち打ち症 インフォメーション
Copyright(C) 2009 toyoda-therapy.com. All Rights Reserved.